年賀状作成、はがき、宛名印刷は『筆ぐるめ』
jungle筆ぐるめストア
ホーム  > サポート  > 筆ぐるめ Ver.18 のQ&A 一覧へ

筆ぐるめ Ver.18 のQ&A

USBメモリ(リムーバブルディスク)へ住所録データをバックアップする方法・バックアップから戻す方法

※USBメモリをパソコンに予めセットしてください。
【住所録をUSBメモリへ保存する方法】
  1. 筆ぐるめを起動し、画面左上「おもて(宛て名)/うら(レイアウト)」ボタンで「おもて宛て名」画面を表示してください。
  2. 画面上「住所録」をクリックしてください。
  3. 住所録が開かれている場合は、画面上「閉じる」ボタンをクリックしてください。
    ※現在開かれている住所録がない場合は、この操作は必要ありません。
  4. バックアップを行う住所録を選択します。
    ★バックアップを行う住所録を同時に複数選択することが出来るようになりました。
       「Ctrl」キーを押しながら住所録をクリックすると、複数の住所が選択できます。
  5. 画面上「バックアップ」ボタンをクリックし、「住所録のバックアップをする」を選択してください。
  6. 「筆ぐるめ-バックアップファイルの作成」画面が表示されます。
  7. 「保存する場所」の▼をクリックし、「USBメモリ(リムーバブルディスク)」を選択してください。
    ※住所録ファイルにパスワードを設定する場合、「住所録ファイルにパスワードを設定する」にチェックをしてください。
  8. 「ファイル名」を入力し、「保存」ボタンをクリックしてください。
    ※手順7で「住所録ファイルにパスワードを設定する」にチェックをしていない場合、手順9へ進んでください。

    【8-1】
    「パスワード」・「パスワード確認用」にパスワードを入力し、「OK」をクリックしてください。
    ★パスワードは「半角英数字(半角ハイフン)と(半角アンダーバー)」が使用でき、
        最大16文字まで入力することが出来ます。


    【8-1】
    メッセージを確認し、「はい」ボタンをクリックしてください。
    ★【重要】
    パスワードを忘れると二度と住所録を開くことが出来ません。
    パスワードは安全な場所に記録してください。
  9. バックアップを終了すると確認メッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックしてください。

【USBメモリに保存した住所録を呼び出す方法】
USBメモリにはあくまでもハードディスク内に保存されているファイルが
破損したとき等のバックアップとしてお取りください。

USBメモリのデータを使用する場合は、下記の操作をお願い致します。

※データの保存されている、USBメモリをパソコンに予めセットしてください。
  1. 筆ぐるめを起動し、画面左上「おもて(宛て名)/うら(レイアウト)」ボタンで「おもて宛て名」画面を表示してください。
  2. 画面上「住所録」をクリックしてください。
  3. 住所録が開かれている場合は、画面上「閉じる」ボタンをクリックしてください。
    ※現在開かれている住所録がない場合は、この操作は必要ありません。
  4. 画面上「バックアップ」ボタンをクリックし、「バックアップした住所録を戻す」を選択してください。
  5. 「筆ぐるめ-バックアップファイルの選択」画面が表示されます。
  6. 「ファイルの場所」の▼をクリックし、「USBメモリ(リムーバブルディスク)」を選択してください。
  7. USBメモリから戻すファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックしてください。

    ※USBメモリから戻す住所録と同じファイル名の住所録が既に筆ぐるめに存在している場合、
    ファイルの上書きを確認するメッセージが表示されます。

    ・「は い」 バックアップから戻す住所録で上書きされ、既に存在していた住所録はなくなりますので、
    ご注意ください。
    ・「いいえ」 バックアップから戻す住所録に新しいファイル名をつけて、別の住所録として戻します。
    既に存在していた住所録も残ります。
    ・「キャンセル」 バックアップから戻す作業を中止します。

  8. バックアップを終了すると確認メッセージが表示されますので、「OK」ボタンをクリックしてください。

    ※複数の住所録を戻される場合、手順4から繰り返し操作をお願い致します。