ホーム  > 活用術  > はがきの書き方・マナー

はがきの書き方・マナー

年賀状の宛名は横書きか縦書きかどっちが正しい?

皆さんは、年賀状の宛先は横書きで書きますか?それとも縦書きで書きますか?

私の経験談からすると、最近年賀状だけでなくハガキや封筒などの宛先が横書きになっていることが多いように感じます。ですが、自分が教わったのは縦書きでした。

そういったこともあり、いざ自身が年賀状で宛先を書く場合は横書きか縦書きかで迷ってしまいます。

ということで、年賀状で宛先の横書きか縦書きかで迷ったことのある皆さんに、どちらが正しい書き方なのかをご紹介したいと思います。

ちょっとした基礎について

まず、宛先の横書き縦書きの前に、年賀状のちょっとした基礎知識についてです。

突然ですが皆さん、年賀状のどちらが裏面か表面か分かりますか?

一般的に、送り相手の住所や名前などの宛先を書く面が「表面」、文章や絵柄など伝える内容を書く面が「裏面」になります。年賀状ソフトでは、表面を「宛名」、裏面を「デザイン」「レイアウト」などと呼ぶことの方が多いです。

縦書きと横書きについて

さて、では本題の「年賀状の宛先は横書きか縦書きか」について触れていきたいと思います。

まず、皆さんが教わったであろう宛先の縦書きというのは、日本語は縦書きが正式な書き方であるため、それに則った形で年賀状の宛先も縦書きという教えになったそうです。

ですが、年賀状の基本では「表面と裏面は縦横揃えること」になっています。つまり、裏面が横書きなのに、表面の宛先が縦書きというのは、この基本に背いてしまっている形になります。

つまり、宛先の横書き縦書きどちらが正しいというわけではなく、裏面で書いた向き=表面で書く向きということになります。裏面が縦書きであるのであれば、表面の宛先は縦書き。逆に裏面を横書きで書いたのであれば、表面の宛先は横書きになるのです。

このように、表面と裏面の向きをそろえることによって、年賀状の基本を押さえると同時に受け取った側が自然に読むことができるというわけです。

ですが、上司や恩師・先輩などの目上の方に年賀状を送る場合は、裏表面共に縦書きの方が良いとされています。

まとめ

今回の件の要件をまとめると

  • 宛先の横書き縦書きは決まっていない
  • 年賀状の表面と裏面で向きを揃える。(表面と裏面で向きが一緒)
  • 目上の方に年賀状を送る場合は、裏表面両面において縦書きにする

以上のようになります。

宛先においては、横書き縦書きの決め事がないというのは、個人的に驚きました。

また関連したことで、宛先を書く場合は必ず黒字で書くようにしましょう。書くペンとしては、ボールペンや筆ペン、油性ペンやサインペンなど、特に指定はありません。強いて言うのではあれば、鉛筆やシャープペンシルは避けるべきでしょう。

ただ、書くペンに指定はありませんが、書き方に関してはルールや失礼にあたってしまうものもあるため、その点は気をつけてください。