ホーム  > 活用術  > はがきの書き方・マナー

はがきの書き方・マナー

年賀状に赤ちゃんの写真を載せてハッピーな年賀状を作成する方法

我が家の赤ちゃんのかわいい写真を、年賀状にしたい!

パパ、ママなら、一度はそのように思うのではないでしょうか。

しかし、受け取った側がどう思うかと考え始めて、やっぱりやめよう・・・。となったり、インターネットで検索して、「赤ちゃん 年賀状 うれしくない」なんて言葉が出てきてしまうと、尻込みしてしまいますよね。

しかし、マナーの話をすれば、赤ちゃん誕生の話を年賀状でするのは、必要なことです。

では、どのような時にハッピーな年賀状になって、どのような時には控えるべきかをまとめました。

絶対に出したい赤ちゃんの写真付き年賀状

まずは、絶対に出さなくてはいけない相手。

それは、赤ちゃんの誕生や成長にお祝いをくれた人です。

あなたの赤ちゃんが生まれたことを知っていますし、何よりもそれを喜んでいる人たちです。

その人たちに内祝いをお送りするだけでなく、年賀状でも感謝の気持ちを伝えましょう。

手書きのメッセージや子供の成長の報告など、相手に合わせた言葉を添えるのがベターです。

会社の上司や同僚に送る年賀状

会社の上司や同僚に送る年賀状

では、赤ちゃんの出産報告というプライベートな内容の年賀状を、上司や同僚の方へ出すべきでしょうか?

もちろん、お互いの家族のことを知っていて、プライベートで会うような関係であれば、悩む必要はないですよね。

心置きなく我が子をアピールしましょう。

気にするべきは、相手のプライベートが分からない場合です。

そういった方には赤ちゃんの年賀状はやめて、マナーを守ったおとなしめの年賀状をお送りするのが無難でしょう。

しかし、会社の場合、出産のお祝いをいただいている場合があります。

そのようなときは、あなたの赤ちゃんを皆さんがご存知でしょうから、赤ちゃんの年賀状にお礼のメッセージを添えてお送りするのが良いでしょう。

年賀状だけのお付き合いの方にはいつも通りの年賀状を

相手の様子がよく分からない場合や、プライベートの付き合いは無くなってしまったが、

年賀状だけは続いている相手などには、いつも通りの年賀状をお送りしましょう。

もし気になるのであれば、子供が生まれた旨をメッセージに記すぐらいに留めるといいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

様々な立場の方がいらっしゃるため、全員が赤ちゃんの写真の年賀状を受け取ってハッピーとは限りません。

そのため、相手のプライベートを理解してお送りすることが重要となります。

その上で、お祝いをいただいている場合には、是非お礼のメッセージを添えて赤ちゃんの年賀状を送るようにしてください。