ホーム  > 活用術  > はがきの書き方・マナー

はがきの書き方・マナー

ビジネスの現場での年賀状を送る際の文例

皆さんは、取引先やその取引先でお世話になっている担当の方、また会社の先輩や上司の方に年賀状を送る際、「どのような文章を書こうか」と悩んだことはありませんか?

そういったビジネス関係の方に出す年賀状は、親しい親戚や友人に送る年賀状とは違って、ビジネス要素が含まれる分、内容を考える際に考えが詰まってしまうことがありますよね。

そんな悩んだ時に使える年賀状の文章例をご紹介したいと思います。

ビジネスの現場での年賀状を送る際の文例

賀詞編

賀詞(がし)とは、祝いの言葉・祝詞という意味で、年賀状でもよく使われます。

「謹賀新春(きんがしんしゅん)」:謹んで新しい年をお祝い申し上げます

「謹賀新年(きんがしんねん)」:謹んで新年をお祝い申し上げます

「恭賀新春(きょうがしんしゅん)」:うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます

「恭賀新年(きょうがしんねん)」:うやうやしく新年をお祝い申し上げます

「敬頌新禧(けいしょうしんき)」 :うやうやしく新年のよろこびをお讃え申し上げます

送る相手が取引先の方・目上の方には、4文字の賀詞にしましょう。

また、以下の文章は目上・目下・友人に関係なく使える賀詞です。

  • 明けましておめでとうございます
  • 新年おめでとうございます
  • 新春のお慶びを申し上げます

ここで注意することは、短い賀詞+文章の賀詞にならないようにしましょう。(例えば、「謹賀新年+あけましておめでとうございます」)

賀詞はそれだけで新年の挨拶や祝いを表すため、賀詞を一回以上使ってしまうとその意味が二重になってしまいよくありません。賀詞を一度使ったら、その後の文章には賀詞を入れないように気をつけてください。

文章編

上記にもありますが、文頭に賀詞を使った場合はその後の文章に賀詞を入れないように気をつけて下さい。

また、文章中に句読点(「、」や「。」)は入れません。これは「区切りをつけないために句読点は用いない。」という意味合いからきていて、もし長文になる場合は空白や段落を変えるなどの対処を行なってください。

また、「失う」「去る」「滅びる」などの忌み言葉は失礼にあたるため、避けてください。(「去年」も「去」が忌み言葉になるため、「旧年」と書き換えましょう。)

~相手に先に出す(相手から年賀状が届いていない)場合~

  • 皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます
  • 旧年中はたいへんお世話になり誠にありがとうございました
  • 旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがとうございました
  • 旧年中はご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます

~年賀状の返事を書く(相手から先に年賀状が届いた)場合~

  • ご丁寧にも賀状を戴きまして恐縮に存じます
  • 皆様が お元気で新年をお迎えられたことを心からお慶び申し上げます
  • 新年早々 賀状を頂きましてありがとうございました
  • 賀状が遅れましたことを深くお詫び致しますとともに 皆様の今年一年にご多幸がありますようお祈り致します
  • 貴社の益々のご発展と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます
  • 昨年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます

~その他の添え文章~

  • 今年も旧年同様よろしくお願いいたします
  • 今年も何卒ご指導 ご鞭撻の程よろしくお願いいたします
  • 今年も旧年同様よろしくお願いいたします
  • 本年も倍旧のご贔屓の程よろしくお願いいたします
  • 皆様に益々ご繁栄がありますよう心よりお祈り申し上げます
  • 本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます
  • 本年も引き続きご芳情を賜りますよう よろしくお願い申し上げます
  • 本年も相変わらぬご支援の程お願い致します
  • 輝かしい新年を迎え 皆様のご健康とご繁栄を心よりお祈り申し上げます
  • 輝かしい年頭にあたり 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
  • 本年も相変わらずご厚誼の程 偏にお願い申し上げます
  • 本年も倍旧のご愛顧のほどひとえにお願い申し上げます
  • 本年も尚一層のお引き立てとご愛顧の程お願い申し上げます

まとめ

いかがだったでしょうか?

ビジネス要素が含まれるため、相手と自分のビジネスにおける関係や立場を考慮した言葉遣いや、相手に失礼がないように年賀状のルールを守らなければいけないため、パッと文章は思いつきませんよね。

そこで長文で文章を考えるのではなく、一文を短めに考えてみると良いかもしれません。

相手とよりよい関係を保つため、ビジネスにおける感謝の気持ち伝えるために、年賀状を出してみてはいかがでしょうか。