ホーム  > 活用術  > はがきの書き方・マナー

はがきの書き方・マナー

会社関係の年賀状に使える一言!関係別に文例をチェック

年末に向けて、お世話になった会社の方への年賀状を考えている人がいるのではないでしょうか。

本年度新社会人の人は特に、上司や先輩、また同僚の人へも送るときの一言は迷いがちです。

そんな人へすぐに書ける文例を、会社の関係別にご紹介します。

会社関係の年賀状で気をつけたいポイントとは?

会社関係の年賀状で気をつけたいポイントとは?
  • 会社へ届いた年賀状は、多くの社員が見ている

年始最初の出勤時、事務担当の人が会社へ届いた年賀状を分けます。そのときに、添え書きを他者に見られる可能性があります。そのため、無難な文章がいいですね。

  • 部署は長くても丁寧に記載しましょう

会社名だけではなく、相手の部署まで丁寧に書くよう心がけましょう。会社名のみだと部署に分けるときに事務の人が困り、相手の手元に届くまでに時間がかかってしまいます。そうならないためにも、丁寧に書く必要があります。

  • 住所は先輩に相談しよう

会社の年賀状は、個人に出すものではなく、肩書きをもつ人へ出すものがほとんどです。転勤や、役職が変わっている可能性があります。そのためにも、表書きを始める前の準備とて、宛先一覧表を、同僚や先輩にチェックしてもらうと安心ですね。

  • 印刷の擦れや歪みが生じたはがきは送らない

個人宛の場合は、ちょっとした印刷の擦れや歪みも愛嬌でカバーできます。しかし、相手が会社の場合だとそうはいきませんよね。とても大切な相手になるわけですから悪印象を与えないためにも、仕上がりをチェックして気になるところがあった場合、修正して刷りなおす配慮が必要です。

上司・先輩への年賀状に!使える一言文例

上司・先輩への年賀状に!使える一言文例

「賀」「賀正」「迎春」ではなく、「謹賀新年」「恭賀新年」を送りましょう

1~2文字にすると「おめでたいことです」「お正月をお祝いしましょう」と単発的に言っているだけになります。

それに対して4文字の場合は、上司・先輩への敬意と丁寧な気持ちを表現する言葉が入っているので、文頭にもってくると敬語の挨拶になります。

一緒に「さらなる飛躍の年になるよう努めていきます」の一言文を添え書きすることで、新年の目標や抱負を相手へ伝えることができます。

そうすると、受け取った上司に良い印象を与えることができるので、年始の仕事を気持ちよく始めることができますね。

文章が硬くなりすぎて、もう少し自分らしさが欲しいという場合には、「昨年お世話になった感謝のお礼」や「共通の趣味」と一言つけくわえることで、上司・先輩との距離が少し縮まった雰囲気のある年賀状になります。

同僚・同期への年賀状に!使える一言文例

友同僚・同期への年賀状に!使える一言文例

「今年も新たな気持ちで共に頑張っていきましょう」

「さりげないアドバイスとフォローをありがとうございます」

「いつも相談にのってくれてありがとうございます」

「今年は息抜きに一緒に飲みにいきたいね」

会社の中で、同僚・同期は比較的に近い存在であり付き合いが深くなる関係です。

しかし、その親しき仲にも礼儀ありということわざがあるように、ビジネスの仲間でもあるので、硬くなりすぎず、くだけすぎないような一言を添え書きに書くのがいいようですね。

部下・後輩への年賀状に!使える一言文例

「お酒の美味しいお店を教えてくれてありがとう」

「引っ越ししたから、みんなで新居へ遊びに来てね」

「いつも誘ってくれてありがとう」

「新年会の企画ありがとう。当日楽しみにしているね」

会社の中で、仲の良い部下・後輩は、プライベートの時間を含め日常の中で一緒に過ごしているので、お互いの近状が分かり合えます。

そのため、比較的に書きやすい方ではないでしょうか。

同僚よりくだけた内容でも大丈夫ですが、くだけすぎない方が無難でしょう。

まとめ

年賀状は、一言文を書きやすい人から、デザインや内容まで考えてしまう目上の人まで色んな人に出しますよね。

年賀状に時間をかけられないという人もいるでしょう。

そういった人へは、「筆ぐるめ」をおすすめします。

一般的なデザインからビジネス向けのかっちりしたデザインまで豊富に揃えているので、一度検討してみてはいかがでしょうか。