ホーム  > 活用術  > はがきの書き方・マナー

はがきの書き方・マナー

年賀状で結婚報告をする際に気をつけたい◯◯のポイント

「私たち、結婚しました!」という新婚の方々、おめでとうございます!

今年は結婚式の時の素敵なポートレートもあるし、その写真を年賀状に使って、結婚報告をしたいと思われている方も多いのではないでしょうか?

そのような時は、次のポイントに気を付けるだけで、印象がぐっとアップしますよ!

今回は、年賀状で結婚報告をする際に気をつけたいポイントをご紹介します。

結婚式に参列してくれた方に、お礼のメッセージを

結婚式-メッセージ

自分たちの結婚式に参列してくださった方に、「お忙しい中のご参列、誠にありがとうございました」というような、お礼のメッセージを添えて感謝の気持ちを伝えましょう。

また、結婚後の新居の住所を伝えたり、新しい固定電話の番号を伝えたりすることもできます。

式に事情があって欠席された方へ、結婚のご報告を

あなたの結婚式にどうしても参加できなかった方がいる場合、結婚式の様子をお伝えする意味で、結婚報告をしましょう。

あなたの結婚式の晴れ姿を楽しみにしていたに違いありません。

そういった方への結婚報告をかねた年賀状は、とても喜ばれるはずです。

ご祝儀を頂戴した方へ、お礼のメッセージを送る

遠方であったり、お仕事があったりなどで、結婚式に参列できなかった方から、ご祝儀を頂戴することもあります。

「内祝いをお送りしたので、お礼はおしまい!」ではなく、せっかくですので年賀状で感謝のメッセージをお伝えしましょう。

結婚式には参列できなかったけれど、自分たちとの関わりを望んでいる方ですから、

嬉しく思ってくださるはずです。

会社の上司や同僚に送る年賀状

少し難しいのが、会社の上司であったり、同僚だったりに送る年賀状です。

仕事では、毎日顔を合わせているけれども、プライベートな話題はちょっと…。

という方もいることでしょう。

結婚式に参列いただいた上司や、プライベートでも付き合いのある同僚への結婚報告をかねた年賀状には、日頃の感謝を添えたメッセージを添えて出しましょう。

できれば、失礼のない文面になるように、より落ち着いたポートレートを選ぶとベターです。

年賀状の付き合いしか無い方へ

結婚式

あなたが結婚したことを知らない人に、結婚報告をかねた年賀状を送るのはよく考えてから行った方がいいかもしれません。

結婚式に誘われていないことに不満を抱かれる可能性もありますし、ご祝儀の催促とも取られかねません。

通年通りの年賀状を他に用意して送るようにした方が良い場合もありますので、お二人でよく話し合った方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結婚した年の年賀状は、結婚報告を兼ねたものを出すのが良いでしょう。

お礼のメッセージを添えて出すと非常に喜ばれます。

ただし、普段からの付き合いがなく、相手の様子が分からない人については、結婚報告の入ってないものをお送りしたほうが無用なトラブルが避けられる場合もあります。

お送りする方との関係性によって、年賀状を作り分けることを検討されてみるといいですよ。