ホーム  > 活用術  > はがきの書き方・マナー

はがきの書き方・マナー

【意外と迷う】年賀状の返事は必要なのかどうか

毎年元旦になると、年賀状が届くのを楽しみに待っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、こちらから年賀状を送ってない人からの年賀状が届くことも度々ありますよね。

そんな時、あなたならどうしますか?

返す?返さない?

一般常識としては「送られたら送り返す」のがマナーなので、お返事は基本的には出しましょう。

今年はこの人出さなくていいや。だとか、うっかりしていて送るのを忘れてしまっていた。など理由は様々あるとは思いますが、やはり返事をしないのは失礼になります。

いつまでに出せばいいのか

では、もし返事を出すとして、いつまでに出せばいいのでしょうか?

年賀はがきを使った年賀状として出す時期は、一般的には松の内と言われる1月7日までとされております。

できるだけ7日までに届くように送りましょう。

また、送り先が近所の場合は大丈夫かと思いますが、交通状況などにより混み合う場合もありますので、なるべく早めに出しましょう。

ポスト

ちなみに、年賀状をポストに投函する際に、ポストに回収時間が書いてあると思います。

その日の最終回収時間を過ぎると、次の日の回収になりますので、届けるのが少し遅くなってしまいます。

なるべくお昼までにはポストに投函するようにしましょう。

もし、7日を過ぎる可能性がある寒中見舞いは、1月5日の小寒から立春まで送ることが出来ますので、7日に着くかギリギリな時には、寒中見舞いにされる方がベストです。

この時、年賀はがきではなく、普通のはがきを使いましょう。
寒中見舞いは、7日が過ぎてから(松の内)から節分までに届けます。

遅れた時の対処法とお詫びのあいさつ例文

元旦に届く年賀状と同じデザインや文章のものだと、失礼になる場合もありますので、注意しましょう。
「元旦」や「2020年1月1日」などと入っている場合は、文章を「謹賀新年」などに変更してください。

また、遅れた場合の挨拶文の例をあげておきますので、参考にしてください。
ちょっとした一言があるとないとでは、印象がまた違ってきます。

  • 早々と年賀状を頂き、誠にありがとうございました。
  • 新年のご挨拶が遅れてしまい大変失礼致しました。
  • ご丁寧な年賀状をありがとうございました。新年のご挨拶が遅れましたこと深くお詫び申し上げます。
  • ご丁寧な賀状をを頂きながらご挨拶が遅れ、誠に申し訳ございません。

届いた時期が遅い場合

例えば、送ってない人からの年賀状が1月7日に届いたとします。

そうすると7日までに相手に届けるのは、絶対的に不可能になりますよね?

それに加えて、年賀状だけ送りあう関係で、あまり親しい友人でもない・・・

そう考えると、繋がりを整理するという意味で、出さないのも手なのかもしれません。

最後に

しかし先ほども言いましたが、一般常識としては「送られたら送り返す」のがマナーです。

あまり親しい仲ではなくても、出すのが遅くて寒中見舞いになったとしても、お返事は出す方が良さそうです。