ホーム  > 活用術  > はがきの書き方・マナー

はがきの書き方・マナー

笑顔が溢れる!もらうと嬉しい年賀状まとめ

お正月に年賀状をもらうと嬉しいですよね。

しかし、年賀状を作るとき、どのような年賀状がいいのか、少し迷ってしまったりすることもあるかと思います。

そこで今回は、もらうと嬉しい年賀状をご紹介します。

そもそも年賀状は新年の挨拶の代わり

新年の挨拶

年賀状は、一説には、平安時代の手紙の文例集の中に年始の挨拶があったことから、平安時代以降にはあったと言われています。

これは、現代でもそうですが、お世話になった方や親戚のお宅に年始の挨拶に行く風習があり、その相手が遠方でお伺いできない場合に、手紙で挨拶をするというものだったようです。

つまり、年賀状は新年の挨拶の代わりなのですね。

また、それだけではなく、「昨年はこんなことがあったんですよ」という近況報告の意味でも使われています。

近況報告なら家族写真

近況報告として、家族写真をお送りするのはいかがでしょうか?

受け取った側は、あなたとあなたの家族の様子を知ることができますよね。

年始の挨拶ですから、なるべくピシッと決めた写真を選ぶのがおすすめです。

小学校入学などの家族のイベントがあったのなら、メッセージを添えてお伝えしましょう。

親しい相手には、結婚・出産報告もOK

結婚・出産報告

結婚報告や出産報告は、相手のプライベートが分かっているような間柄なら、ぜひ伝えましょう。

むしろ、お祝いをいただいていたら、年賀状でもう一度お礼を言うのがベターです。

手書きのメッセージを添えれば、良い印象はさらにアップします。

こういったイベントの時には、プロの方が撮ったり、デジカメやスマホで撮ったりしたポートレートなどがあるでしょうから、使う写真に困ることはないでしょう。

お仕事でお世話になった方へも

仕事関係の方へ年賀状を出す方もいらっしゃると思います。

昨年のお礼、年始の挨拶、一般小売店でしたら、年始の営業日などをお伝えしましょう。

昨年の感謝の言葉や、その方とのエピソードを一言書き添えれば、印象も良くなります。

ただ、広告的な営業色は抑え目にしましょう。

お正月に品のない人と思われてしまっては、意味がありません。

あくまでも、年賀状は挨拶の書状です。

可愛くてかっこいい!シンプルなデザインのテンプレートを使う

少し「嬉しい」の毛色が違いますが、かわいい!とかカッコいい!という年賀状も嬉しいですよね。

もらった年賀状を思わず飾りたくなっちゃう!

そのような年賀状も「嬉しい」ですよね。

まとめ

色々な「嬉しい」がありますが、年賀状はご挨拶の気持ちを込めてお送りするものです。

  • 家族写真はピシッと決めたものを
  • 親しい間柄なら結婚報告、出産報告もOK!
  • 仕事の年賀状は、営業色は薄目で感謝の気持ちを強めに
  • カッコいい年賀状はやっぱり嬉しい!

これらを参考に、喜ばれる年賀状をお送りしてください!