ホーム  > サポート  > Q&A  > クラウドサービスについてのお問い合わせ

住所録のクラウド共有について

他のバージョンで見る

住所録ファイルは、クラウドで共有することができます。Windows版とMac版の両方で同じ住所録を使うことができます。
ここでは、Windows版で作成した住所録をクラウドへバックアップする方法と、クラウドの住所録を「みんなの住所録」へバックアップする方法をご紹介します。

※筆ぐるめ 25 で説明しますが、25以降のバージョンも同様の手順です。

筆ぐるめクラウドサービスとは

※クラウドサービスをご利用になるには、必ず、ユーザー登録でシリアル番号を必ず入力してください。シリアル番号がない場合は、サービスをご利用いただけませんのでご注意ください。

クラウドサービスにログインする方法

筆ぐるめを起動しクラウドにログインする

  • ① 「筆ぐるめを使う」ボタンをクリックしてください。

  • ② シリアル番号の登録がお済の方は、ログイン画面へ進んでください。

※クラウドサービスは、シリアル番号の登録が必要です。
②で「すぐに筆ぐるめを使う」を選択して筆ぐるめを起動すると、次回起動時以降この画面は出てきません。クラウドサービスをご利用になるには、筆ぐるめの設定を変更し、この画面からログインする必要があります。

Windows版はドラッグ&ドロップでコピーすることができます。
クラウドサービスを終了する方は、必ず保管期間内にバックアップをお願いします。

データコピー

住所録をバックアップする

  • ① バックアップする住所録を選択し、「住所録をクラウドへバックアップする」をクリックしてください。

  • ※住所録の件数が多い場合、バックアップに時間がかかることがありますので、しばらくお待ちください。

バックアップが完了しました。「OK」ボタンをクリックしてください。

バックアップした住所録を確認する

  • ① グループエリアから「クラウド住所録」をクリックしてください。
  • ② クラウドサービスをご利用できる期間やご利用期間満了後の住所録データのサポート期間などが記載されていますので、内容を確認し、よろしければ「OK」ボタンをクリックしてください。

バックアップされた住所録が表示されます。

  • ※この住所録は、別のパソコンからでも、筆ぐるめ起動時にクラウドサービスにログインをすればご利用いただけます。

ログイン画面を表示する方法

まずは、クラウドにログインしているか確認する

  • ① 「設定」ボタンをクリックしてください。
  • ② 「クラウド」タブをクリックしてください。
  • ③ 「クラウド機能を使用する」にチェックが入っていない場合は、クラウドへログインできていません。
    その場合は、次の手順を行ってください。

  • ④ 「全体」タブをクリックしてください。
  • ⑤ 「次回起動時にユーザー登録やクラウドサービスのログインを行う」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックしてください。

起動しなおしてログインする

  • ① 「終了」ボタンをクリックしてください。

  • ② 「はい」をクリックして、筆ぐるめメニュー画面を表示します。

  • ③ 「筆ぐるめを使う」ボタンをクリックしてください。

  • ④ ログイン画面が表示されます。メールアドレスを入力し、画面の説明に沿ってお進みください。